よくある質問

■ 車についてのQ&A

Q1. バッテリーの寿命は、普通どれくらいですか?
Q2. エアコンフィルターって何ですか?
Q3. 燃料添加剤って入れた方がいいのですか?



Q1. バッテリーの寿命は、普通どれくらいですか?
A1. 平均的には2〜3年で交換するケースが多いようですが、1年足らずで不調が生じることもあります。同じメーカーの同サイズのバッテリーであっても、極板の素材の違いなどにより種類・価格も様々です。その違いは性能ランクにも現れています。メーカー補償期間に違いがあるのはそのためです。みなさんに馴染みの深いエンジンオイルにも、たくさんの種類(グレード)がありますよね。そのことと、使用可能な期間にあまり関係しておらず、エンジンのタイプによって選ぶ必要があります。ところが、このバッテリーに関しては、性能ランクと寿命に関わりがあります。最近のお車は、カーナビ・カーオーディオ等により多くの電力を消費しますので、交換の際は予算の許す範囲でなるべく高いランクのものへの交換をお勧めします。バッテリーの寿命には、バッテリー自体の性能以外にもみなさんのお車の使い方なども大きく関係しています。ですから、月に一回程度、SSでテスターによる無料点検をしてもらい、常に良好な状態であるかを確認してあげることで、お車の健康を維持していきましょう。


Q2. エアコンフィルターって何ですか?
A2. エアコンを使用した際に、吹出口から出てくる風のフィルターです。この風は、エアコンの循環設定の切替え操作に従って、車内の空気あるいは外気がフィルターを通って出てきます。その際このエアコンフィルターによって、ホコリ・花粉・虫の死骸等を取り除かれます。エアコンの風の臭いが気になった経験のある方は多いと思います。そういう方は、まず一度、エアコンフィルターの交換を試す価値があります。フィルターが汚れていることが、臭いの元となっている可能性があります。また、交換用のフィルターには集塵・消臭効果が純正品より優れた高機能タイプのものも用意されていますので、そのようなものに取り替えれば交換前との違いをより体感できます。それでも改善されないようであれば、エバポレーター洗浄(エアコンシステムの内部洗浄)等が必要になります。


Q3. 燃料添加剤って入れた方がいいのですか?
A3. 燃料添加剤には、その用途・目的に応じて様々な種類があります。それぞれの添加剤がどんな症状に効果があるのかを知った上で使用してください。例えば、ENEOSの大人気商品「エコ・フォース」も燃料添加剤の1つです。もともと燃料油(ガソリン・軽油)自体にも既に一定量の添加剤が入れられています。もともと入っている添加剤の成分よりも強力で効果の高いものです。人間に当てはめたときの、栄養ドリンクみたいなもので、求めている成分を効率的に添加できます。「エコ・フォース」などの燃料添加剤は、定期的に使用することにより効果が発揮されます。繰り返しの使用によりエンジン内部の不純物除去ができるため燃焼効率が上がり、排気ガスのクリーンアップ、加速性・燃費の向上を図ることができます。また、「水抜剤」などの燃料添加剤は、燃料タンク内の水分を除去することで、防錆効果が高まり、錆が原因となった燃料系統のトラブルを予防してくれます。



お車に関するお問合せはこちら

Copyright(C) 2006 NAKAZEN CORPORATION All rights reserved.